エルシオンのゲームブログ

どうも、エルシオンです。このブログではおもに僕のゲームプレイ日記やゲーム最新情報などをマイペースに書いていきます。

【パズドラ】オワドラが7周年直前だからボックス晒す

 

総プレイ時間2000時間越え!?

 

どうも、エルシオンです。まもなく7周年を迎えるという『パズル&ドラゴンズ』、略してオワドラ

 

今回はリリース直後からずーっとやってきた私、エルシオンのボックス紹介を久々にやっていこうと思います。

 

 

これまでの僕のプレイ時間は一日1時間やってると考えて、今までのログイン日数が2400日以上…、ログインだけの日とかを考えても、恐らく2000時間はやっているんじゃないかと

 

でもまあ7年やっててプレイ時間2000時間っていうのもガチ勢からしたら少ない方でしょうね…。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190128063137p:image

いやアホでしょ(笑)

 

 

 

f:id:feminist0903:20190128063056p:image

えぇもうこの一言に尽きると思いますね。僕はこのオワドラからいつ足を洗うことができるのでしょうか?

 

 

 

さて、最後にボックスを紹介したのがランク600になったタイミングでして、それが2年前なのです。随分と時間も経っていますので、ボックスの中身もかなり変わっていると思います。今回は久々にボックスの中を晒していこうじゃないかと、そしてこのボックスを作るのに掛かったお金と時間を思い出して虚しくなろうじゃないかと、そういう企画で参りますので、すぐブラウザバックせずにお付き合いくださいませ(笑)。

 

 

 

実は前回のボックス紹介の頃からアップデートを重ね、ボックスの仕様に変更が入っています。なんと!モンスターを自身で仕分けすることができるようになっているんですね〜。今じゃ当たり前の機能ですが、2年前はこんなのなかったんですよ?知らなかったでしょ?? 

 

今回は『ALLカテゴリ』から、属性ごとにボックスと個人的注目モンスターを紹介していきます。まずは火から行きましょう。火属性はこんな感じでした。

 

 

(撮影日:2月1日)

 

 

f:id:feminist0903:20190201034153j:image

f:id:feminist0903:20190201034204j:image

f:id:feminist0903:20190201034215j:image

f:id:feminist0903:20190201034239j:image

まあまずキャラがどうのこうのの前に、ボックスの数が前回の時よりも倍近く増えていました。これは大きな変化ですね。ボックスがかつかつなのは今も昔も変わっていませんが。

 

 

さて、ここ最近だとマドゥや真田幸村あたりが引けてます。時女神のウルドをずっと持っていなかったのですが、ここ最近になってようやく手に入れました。まあ出てくる時代がちょっと遅いんですけどね。

 

でもここ最近のパズドラだと、火属性パーティーがあまり流行ってませんよね。マドゥがかろうじてですけど、それくらいしか聞きませんし。あとは衛宮士郎くんかな…。でもFateコラボで出たのは衛宮くんではなく、遠坂さんでした。やはりFGOは悪い文明ですね。

 

 

f:id:feminist0903:20190201035005j:image

 

 

FGOのことは彼女に任せておくとして、続いて水属性いきましょう。

 

 

f:id:feminist0903:20190201040513j:image

f:id:feminist0903:20190201040528j:image

f:id:feminist0903:20190201040555j:image

f:id:feminist0903:20190201040610j:image

…若干木のやつらがフライングしてでてますが、見なかったふりをしましょう。

 

水属性は最近バージュリが強くて可愛いともてはやされていますが、例によって僕は引けておりません。でも念願だった風神をついに手にいれました(水着のやつですが)!他にもセイバーやウルカ、銀さんなどリーダーとして十分運用できるモンスターも多数おられます。ちなみに一番最後のリーチェは、モンポで購入できた偽物リーチェですので悪しからず(笑)。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190201084547j:image

f:id:feminist0903:20190201084607j:image

f:id:feminist0903:20190201084627j:image

f:id:feminist0903:20190201084702j:image

木属性はほんとに素晴らしいですね。まずは何と言っても現環境のトップを爆進しているコマさんS!こんな可愛いらしい見た目なのに、火力がインフレ化しているオワドラでも環境トップを走っていけてるんですね〜。さらには大魔女シリーズのゼラが帽子もセットで所持。あとは前の記事でも書いたリーファ、多分ゲーム内で一番可愛いロミアちゃんなどなど…。欲を言えば木の風神も欲しいところですが……先ほども書いたように水着風神を手にいれたので、しばらくはそっちで事足りるかなと。

 

…あ、仮面ライダー…ブラックでしたっけ?そいつが取れなかったのは痛手だったかもしれません。人権とまではいってないようなので、それは良かったんですけどね。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190201085803j:image

f:id:feminist0903:20190201085820j:image

f:id:feminist0903:20190201085833j:image

f:id:feminist0903:20190201091055j:image

f:id:feminist0903:20190201091107j:image

いつの時代も光属性は強い子ばかり…と思っていましたが、ここ最近はあまりドカンとインパクトのある程強いキャラはいませんよね。僕のボックスがショボすぎてそう見えてしまうだけなのでしょうか?でもヴァルキリーは強くて可愛いですね。…あ、シェリアスルーツも究極進化で強くなりましたか。あんまり使ってないですけど。

 

最近では神羅万象コラボでアテナアナザーを、そしてゴッドフェスではサレーネを引いてたりします。地味に欲しいと思っているのが、金剛明王です。ランダンのリーダーとして光ることが多い彼が欲しいのですが、引いても引いても物欲センサーが発動するんですよね。他の属性のやつらは出るのに…。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190201090924j:image

f:id:feminist0903:20190201091133j:image

f:id:feminist0903:20190201091157j:image

f:id:feminist0903:20190201091221j:image

はい、ラストは闇属性です。闇はメタトロンが今は激アツなリーダーで間違いないでしょう。ガチャ限モンスターなのでメタトロン難民とかいるんでしょうが、私は2体確保してます。なんなら究極進化する前にも数体持ってて「こんなにいらんわ」って言ってモンポにした記憶もあります。メタトロンからはモテます。

 

…それ以外で闇強いのおる???闇アテナが進化したり、転生進化のキャラが増えたり、限定モノのキャラが多かったりしますが、もうこいつ一強だわっていうのはあまりいないイメージだったりします。最近よく使うなーと思うのが、シーナですね。ランダンとか周回編成とかで結構重宝します。優秀な覚醒スキルに合わせて、軽い2色陣スキルというのが強いんでしょうね。

 

あ、あと闇カーリーがいまだに引けてないのですが、多色リーダーをほとんど使っていないので、もういいやって割り切っちゃいました。ソニア出てくる方がよっぽど嬉しいです。…とかいうと闇カーリー出てくるようになるんだよなぁ。

 

 

あとは進化素材やら強化素材やらでボックスが埋まっている感じです。ボックスのハイパーカテゴリには進化後レベルマックス+297であるよく使うモンスターを収納して、チーム編成で見つけやすいように整理しています。交換用カテゴリは降臨キャラを奇石にしたりとか、ダブりレアモンスターを保管しとります。バルボア、雷神あたりは余ってますね。

 

 

 

ここまでいかがでしたでしょうか?いつも書いてて思うのですが、ランクの割にはほんとにショボいボックスなんですよね。やっぱボックスを広げていかないことには話にならないんでしょうか。…まあまた何かの機会があったら、ボックスの中身を見ていければと思います。続けていればの話ですが。今回はここまで!

 

 

☆前回のボックス紹介はこちら

feminist0903.hatenablog.com

 

 

Twitterはこちら!

エルシオン@KH3 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KHχBC編- #9

 

鍵が導く心のままに

 

どうも、エルシオンです。さあ、ついに復習すべきキンハーシリーズの作品が今回でラストになります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190120065339p:image

KH χ(キー) Back Cover』です。これは現在もスマートフォン向けに展開されているアプリ『KH Union χ(cross)』の裏側で起きていた出来事をHD画質でまとめてくれている映像作品となっています。シリーズの中でも時系列では最も過去に当たっており、なぜキーブレード戦争が起きることになったのか、それを知ることができます。

 

 

まあユニオンクロスを本当であればちゃんとやっておくべきなんでしょうけど……時間がないから省く!!てなわけで、χバックカバーがどんなお話だったのか振り返っていきましょう(笑)。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124200641p:image

未来を見据えることができるマスターオブマスターはキーブレード使いの弟子たちに予知書を書いてそれぞれ渡しました。そして彼らにそれぞれ別の使命を与えていき、その後マスターはふらっと消えてしまっていました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124200717p:image

馬の面をしたイラは、他の予言者たちをまとめるリーダーとなる使命を受けました。しかし、マスターの予知書になかった裏切り者の存在により、仲間に疑いの目を向けてしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124200846p:image

この予言書には欠落したページ・ロストページがあったのです。そこには他の予言書にはない、裏切り者が現れるという予言が書かれていました。それを持っていたのは虎の面・グウラただ1人でした。マスターから受けた使命はこのロストページを使って、裏切り者をあぶり出すことなのでした。これにより、熊の面・アセッドが裏切り者、つまり心に闇を抱えていると判断したのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124201131p:image

しかし、アセッドは自身の使命であるリーダーのイラのサポートを全うするために行動を起こしていました。このまま何もしなければマスターの予言通りになってしまう……予言された未来を変えようと彼なりの正義を守っていたのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124201228p:image

蛇の面・インヴィは他の4人を監視することを、狐の面・アヴァはユニオンの壁を超えた優秀なキーブレード使いを集め、後世にキーブレード使いを残すことを使命としていました。しかし、彼女たちも裏切り者の一件で何が正しいことなのかがわからなくなってしまいます。それぞれの使命を全うしようと、5人の予言者たちは行動していたのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124201623p:image

そして6人目の弟子・ルシュがマスターオブマスターに託されたのは名前のないキーブレードと黒い謎の箱。これらを持って、ノーネームのキーブレードを後世に残していくのが使命となりました。……そしてこのノーネームキーブレード、ちゃんと後世に受け継がれていましたね。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190124201836j:image

ゼアノートのもとに。

 

……んー、マスターオブマスターのキーブレードがゼアノートの手元にあるってことは。ゼアノートの師匠を遡っていくとルシュにたどり着くってことですよね……?それに黒い箱の中身も気になります。マスターは「サプラ〜イズ♪」と言っていましたが…?

 

そういえば、KH3のトレーラーの中でも、真XⅢ機関は黒い箱を探していましたね。もしかするとマスターに関する何かなのか、それとも世界を我がものにできるほどのものがあるのか…KH3でこの中身もわかるかもしれませんね。

 

 

 

 

さて、これで過去シリーズのキングダムハーツのお話は一通り見終えてきたわかなんですが、果たしてほんとうにKH3でダークシーカー編にピリオドを打つことができるんでしょうか?詰め込みすぎて史上最もちんぷんかんぷんな展開になるのだけは避けて欲しいです。

 

 

いよいよ明日、キングダムハーツ3の発売です。パッケージ版を購入したので、0時からのスタートダッシュ配信はやりません。朝一でゲームショップに行って買って、その後に配信すると思いますので、よければ見にきてくださると嬉しいです。

 

では、キンハーダークシーカー編の最終章をみんなで見届けに行きましょう!今回ここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

KH3までに復習しよう -KHχBC編- - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KH0.2BbS編- #8

 

KH1の真実

 

どうも、エルシオンです。KH3発売までいよいよ1週間を切りました。思えばこのブログを始めた当初からKH3の発売を待ち遠しんで、最新情報とか銘打って動画の内容を振り返る記事を書いていました。それも含めておよそ6年ですか…。ほんとに待ちに待ったゲームです!…でも、その前に過去作を終わらせておかなくては!

 

 

f:id:feminist0903:20190120064653p:image

今回は『KH 0.2 Birth by Sleep -A flagmentary passage-』です。これはKH2.8で初めて収録されたもので、BbSで闇の世界に堕ちてしまったアクアの話を描いたものとなります。時間軸的にはソラがリクとカイリを探して旅していた頃…つまりKH1の時代の裏で進んでいた物語です。ですが、実際にはこれは王様(ミッキー)の回想という設定。DDD編の後でリクたちに語っているという時間軸となっています。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123054500p:image

物語の始まりはリク、カイリ、ミッキーとイェン・シッドが対面しているシーンから。DDD編のシークレットムービーで、カイリがイェン・シッドに呼ばれているシーンがありました。その続きからですね。

 

イェン・シッドはかつてこの世界にいた3人のキーブレード使い、テラ、アクア、ヴェントゥスについて話し始めます。そしてミッキーもまた、闇の世界でアクアと出会ったというエピソードを話し始めるのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123054516p:image

闇の世界をずっとさまよっていたアクアの目の前に、自身が過去に訪れたことのあるワールドが現れました。世界各地にハートレスが現れ、どんどんと世界が闇に飲まれていっていたKH1のときの裏側のお話ですね。闇に飲まれたシンデレラ、白雪姫、オーロラ姫の世界を巡っていきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123054936p:image

f:id:feminist0903:20190123054942p:image

その中でテラとヴェントゥスの幻影に出会います。実際にはテラの心と話をすることができたアクアでしたが、テラはゼアノートに体を乗っ取られていました。ゼアノートは純粋な光であるヴェントゥスの居場所をアクアから聞き出そうとしていたのです。しかし、テラの強い心がゼアノートの行動を封じ込めます。その姿を見て、アクアは闇の奥地へと飛ばされてしまうのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123055027p:image

闇の奥地で目覚めたアクアはミッキーと再会します。キングダムハーツの扉を光と闇の世界、双方から同時に閉じるために、闇の世界のキーブレードを探していました。アクアとミッキーは共に行動を開始します。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123054533p:image

途中、ハートレスの襲撃に遭いながらも、なんとか闇の世界のキーブレードを発見し、キングダムハーツの扉の前までたどり着きました。そしてなんとも都合よく闇の扉を閉じる役目を担うのはリクがやってきました!これでキングダムハーツの扉を閉じる鍵は全て揃った……と思われたそのときでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123055125p:image

大量のハートレスが扉を閉じさせまいと、リクめがけて襲いかかって行ったのです。これを阻止するためにアクアは自ら盾となり、闇の世界のデスティニーアイランドへと消えてしまいました。こうして残されたミッキーはアクアの行動を無駄にしないためにも、扉へ駆け寄り、ソラ、リクと共に扉を閉じたのです。これがKH1のラストシーンの真相なのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123053856p:image

今になって明かされたアクアの真実。リクはどうして言ってくれなかったんだと詰め寄りますが、イェン・シッドが語ることを禁じていたと制します。このことを話せば、ソラやリクは必ず考えもなしに助け出そうと動いてしまう。それを避けたかったのでした。しかし、これで準備は整ったというミッキー。キーブレードマスターとなったリクと共に、闇の世界の入り口を探し出し、アクアを救出するために動き出すのでした…。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190123055442p:image

そしてソラ、ドナルド、グーフィーにもイェン・シッドから使命が与えられます。DDD編で深い眠りにつき、さらにはゼアノートの器にされかけてしまったことで、ソラのいろいろな能力が失われてしまいました(なんでやねん)。能力を取り戻すリハビリとして、3人はオリンポスのあの英雄に会いに行くことになったのです。「鍵が導く心のままに」。この言葉を頼りにゲートを開いたソラたちはオリンポスへと旅立つのでした。

 

 

 

ここまでがKH0.2BbSのお話でした。KHDDDとKH3を繋ぐほんとうに橋渡しのような内容でした。でも、これでKH3で最初にソラたちが訪れるのがオリンポスになる可能性が高くなるのは予想がつきますね。

 

 

KH0.2はこのソフトのために作られた作品ですので、まずなんと言ってもグラフィックがKH3並みに仕上げられているのが良かったですよね。KH1からKHDDDまでを通してやって来た後に0.2をプレイしたら、「うっわ、リクとかカイリめっちゃ綺麗やん!!」「アクションシーンがダイナミックでかっこええええ!!」ってなりましたね。この感じでKH3を作っているのですから、そりゃあ開発に時間かかるのも無理ないわな、とここで初めて感じました。

 

あとテーマソングの『光』もこの作品のアレンジが一番好きですね。ザ・OPテーマって感じがとてもグッドです。エンディングはオリジナルの光で、これも雰囲気はぴったりでこちらはこちらの良さがあると思います。

 

 

 

さあ、残すところ復習するべきタイトルはあと1つ、『KHχBackCover』のみとなりました。これはシリーズで最も過去に遡るお話で、これまでとはちょっと違った感じのお話でした。まあ詳しくは次回また紹介したいと思います。今回はここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

【ライブ】KH0.2BbS - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KHDDD編- #7

 

マスター承認試験のはずが…?

 

どうも、エルシオンです。

 

 

f:id:feminist0903:20190110062216p:image

昨年末から大急ぎでプレイを開始しました、『KH Dream Drop Distance』をプレイしていこうと思います。

 

前回のKHcoded編の後に続く物語で、最初は3DS向けソフトとして発売、そして2017年にKH2.8の収録作品としてHD画質にリメイクされました。KHDDDは発売されてからというものの、実況動画とかほとんど見てなかったため、ほぼ初見プレイに近い感じでした。どういったお話なのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

 

 

 

前回のcodedのエピローグでイェン・シッドに呼ばれたソラとリクは、ゼアノートとの決戦に備えて、正しいキーブレードの扱い方を知るために、キーブレードマスター承認試験を受けるように言われます。BbS編でテラとアクアが受けていたやつですね。ですが、その時とはテスト内容が全く違うもので、眠りに閉ざされた夢の世界の鍵穴を7つ解放してくるというものでした。

 

……これがまさか危険な旅の始まりになるとは、この時誰も思っていませんでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190122100256j:image

デスティニーアイランドでアースラの幻影を倒すと、海の真ん中にソラとリクは飲み込まれてしまいます。この時、見覚えのあるローブの人物が…?

 

 

 

f:id:feminist0903:20190122100712j:image

トラヴァースタウンに降り立ったソラはリクがいないことに気づきます。ソラとリクは共にトラヴァースタウンに降り立ってはいたものの、2人は違う世界線に存在していたのです。街でヨシュアという少年に出会うことで、ソラとリクは2人は離れていても心で繋がっているんだと認識します。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190118213303j:image

その後も眠りに閉ざされた世界をめぐっていきますが、その道中で2人はそれぞれXⅢ機関の黒コートに身を包んだ青年に出くわすことになります。隣にはアンセムやゼムナスがいることも…。実はマスター承認試験に乗じて、青年はある企みを企てていたのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190119173914j:image

それはソラをゼアノートの13番目の器にすること。最初はリクをターゲットとしていたようですが、リクは完全に闇の耐性をつけてしまっていたため、青年は闇に対抗する術を持たないソラに接触し、知らぬ間に深い夢の奥へと誘っていたのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190122101057j:image

イェン・シッドはこんなことになるとは予見できず、裏をかいたつもりが全て読まれていたと知らしめられます。しかし、まずはソラを眠りから目覚めさせて、ゼアノートの魔の手から救うことが先決です。ミッキーはソラを助けるために、現実世界に現れるであろうゼアノートを追うのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190119173900j:image

なんやかんやあって7つの世界の鍵穴を開いたリクも、ソラが深い眠りに入っていってしまっていることを知り、ソラを助けるために城の中へと乗り込みます。そこで目にしたのは円卓の椅子に座らされているソラでした。近づこうとしますが、そこに青年ゼアノートが現れます。ソラをゼアノートの13番目の器として真XⅢ機関に迎え入れるべく、リクに襲いかかってきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190119174355j:image

青年ゼアノートの時を操る攻撃に屈せずに反撃をしますが、ついにゼアノートが復活を果たしてしまいます。ゼアノート、アンセム、ゼムナスが一堂に会している意味のわからない状況に。そしてついにソラがゼアノートのキーブレードによって器にされてしまう…!絶対絶命だと思われたその時…!!

 

 

 

f:id:feminist0903:20190119174413j:image

赤い炎がこれを防ぎました!助けに入ったのは人間に戻ったアクセル…もといリアでした。イェン・シッドに頼み込んである事をしていたのち、ソラを助けにやってきてくれたのです。これにはゼアノートも予想外だったようでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190120063740j:image

ゼアノートは13の闇と7つの光が揃ったときに再び会おうと他の真XⅢ機関メンバーと共に消えてしまいます。ソラは未だ深い眠りに閉ざされたまま。しかし、そんなソラを起こす手段があるというのです。それはソラの中にダイブして直接叩き起こしにいくという、至極シンプルな方法でした。リクは闇に包まれたソラの中へ通じるポータルでダイブをします。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190120064158j:image

ソラの中へ入ったリクは、そこで闇に染まった鎧に襲われます。なんとか撃退すると、中からはソラが!しかしソラはそのまま闇に飲まれて消えてしまいます。その場に残ったキーブレードで鍵穴を開くと、そこには懐かしい故郷の光景が…。そしてリクの前に現れたのはロクサス、ヴェントゥス、シオンと賢者アンセムでした。

 

賢者アンセムは3人の少年少女からの質問がソラを目覚めさせる最後の鍵だと話してくれます。そしてリクはアンセムからソラにつながる心についてのデータを託されました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190122091931j:image

現実へと戻ってきたリク。そこには無事に眠りから覚めたソラの姿がありました。そして承認試験の結果がイェン・シッドから伝えられます。「リクをキーブレードマスターとして承認する」。今回の騒動においてのリクの活躍が認められたのです。ソラ、そしてリアもまたキーブレードマスターを目指し、修行を重ねていくと誓ったのでした。

 

 

ここまでがDDD編のお話でした。そして今回はシークレットムービーも解放することができました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190122092126p:image

ソラはやり残したことがあると言って、再び夢の世界へとダイブをし、リクはイェン・シッドからあることを頼まれて出掛けていました。帰ってきたリクの隣には……カイリ!?

 

イェン・シッドはKH2のときにカイリがキーブレードを使えていたことを聞き、カイリもキーブレード使いとして呼び寄せたのでした。はてさて、KH3では一体どんな勇姿を見せてくれるのでしょうか…?

 

 

 

今回のDDD編で明らかになった13の闇である真XⅢ機関と7つの光の守護者たち。それぞれのメンバーが誰なのかを考えてみると…

 

13の闇

  • マスター・ゼアノート
  • 青年ゼアノート
  • 闇の探求者・アンセム
  • ゼムナス
  • シグバール
  • サイクス
  • マールーシャ
  • ルクソード
  • ラクシーヌ
  • ヴァニタス
  • デミックス?
  • ヴィクセン?
  • ???

 

7の光

  • ソラ
  • リク
  • ミッキー
  • リア
  • カイリ
  • ヴェントゥス?
  • アクア?

 

これまでに出たトレーラーとかを見るとこんな感じの人たちかなぁ〜と予想をすることはできます。でも真XⅢ機関の方はまだ1人が誰なのかが確認できません。アクアが闇堕ちをしていたり、リク=レプリカと戦っているシーンがあったりするので、誰がメンバーなのか予想がつきにくいです。もしかすると完全新規のキャラって可能性もなくはないですしね。

 

 

一方、光側も予想がつきにくいですね。まあおそらく5人は確定でしょうけど、残りの2人が誰なのか。一番可能性が高いのはアクアが闇の世界から帰還してヴェントゥスが目覚める…ってパターンですけど、さっきも書いたように、アクア闇堕ちしてる感じがしますからね…。てかアクアに一体何があったんでしょうか?

 

 

さて、残すべき作品もあと2つとなりました。放送では全ての作品をやり終えましたので、あとはブログを書くだけです。なんとか発売までに間に合いましたねぇ(笑)。あとはKH3をどうやってプレイしようかなと迷いどころ。これまで通り生放送でやるのか、それとも動画にして見やすくするのか、いろいろと検討中です。

 

KH3は今週金曜発売です。楽しみですね!今回はここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

【ライブ】KHDDD - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KHcoded編- #6

 

ジミニーメモの謎のメッセージ

 

どうも、エルシオンです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190102173519j:image

今回は1.5+2.5最後の作品となる『KH Re:coded』編となります。358/2編の時と同じように実際にキャラを動かしてプレイするわけではなく、映像によるストーリー展開のみの作品となっています。もともとは携帯…つまりガラケーでできたゲームで、その後にDSでリメイク、更にこのPS4で映像作品として収録という歴史を持っています。

 

 

話の時間軸的にはKH2の後、つまりKH3に繋がる話の1つ目ということになります。この後にやるドリームドロップディスタンスよりかは時間軸が前のため、これを一通り見ておくと、なぜソラとリクがキーブレードマスター承認試験を受けることになったのかがわかるというわけです。

 

 

f:id:feminist0903:20190113053653j:image

 KH2の冒険が終わった後のディズニーキャッスルにて、ジミニーは自身のメモに書き覚えのないメッセージを見つけます。「彼らの痛みを癒しに戻らなければならない」。言葉の謎を解明するために、ミッキーをはじめとしたディズニーキャッスルのメンツはジミニーメモの解析を始めることにしたのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113053741j:image

しかし、いざジミニーメモを開いてみると、中身はバグで侵食されており、とても中が見られる状態ではありませんでした。そこで、ジミニーメモの中に残っているソラのデータにキーブレードを持たせてあげ、データ・ソラにメモを修復してもらおうと考えたのです。…ソラくん、データ世界でもパシリに使われるのね。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113053755j:image

バグを取り除く最中、現実のミッキーたちに居るはずのないハートレスが襲いかかってきます。そして城にいつのまにか閉じ込められていることに気づいたのです。そこへジミニーメモのデータを保護するために、リクという器を借りてミッキーたちの前に姿を現します。データ・リクはメモの謎を解くために王様の部屋をまるごとデータ世界に取り込んでいたのでした。ここら辺でもう設定がぶっ飛んでますね(笑)。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113053806j:image

ミッキー達がデータ世界に取り込まれたとき、実はもう1人一緒にデータ世界へと取り込まれていました。そいつはなんとピート!世界を我が物にしようとするマレフィセントの手下として、ディズニーキャッスルに偵察に来ていたのでした。ピートはデータ世界でマレフィセントを呼び出し、中枢部よりデータ世界を乗っ取ることを決めたのです。現実世界とデータ世界をつなぐ道もピート達に奪われてしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113053825j:image

ソラとリクはミッキーたちの帰路を確保するために、さらにメモの中のワールドの調査を進めます。しかし、その途中でメモのバックアップであるデータ・リクがマレフィセントに連れ去られてしまいます。悪用されたらとんでもないことになりかねない…!ソラは必死でリクを探し出します。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113053835j:image

やっとのことで見つけ出したリクでしたが、彼はあくまでもデータですので、中のプログラムのソースコードをいじってしまうだけで、敵にもなりあるのでした。バグに侵食されてしまったリクはなんとかソラに倒してもらおうとし、ソラもそれに応えるようにリクを倒します。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113060909j:image

倒れたリクの体はバグに侵食されきっていました。リクを救うために、ソラはリクのデータの中へと入っていきます。リクは最初はメモに無かった…、つまり後から誰かが追加したと思われる追加データを持って、ここから脱出しろといいます。しかし、ソラが「はいわかりました。」と引き下がるわけがありません。リクを助けるために、蔓延るバグを取り除いていきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113060919j:image

リクのバグを全て取り除ききり、リクも無事に目を覚ましました。これでミッキーたちは現実世界へと帰る道を手に入れたのです。バグを取り除ききったということは、メモは元の状態へと戻る…つまり、バグを取り除くためにデータソラやデータリクと冒険した記録はリセットされてしまうということなのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113060927j:image

しかし、それを良しとしない存在がここへ来てやってきます。バグの真の正体、それはソラのハートレスだったのです。データ世界を消去しようとするハートレスを、ソラは止めにかかります。現実世界に戻っていなかったマレフィセントとピートを逃がし、ソラは真のバグを倒します。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113061058j:image

こうして今度こそメモのデータをバグを取り除き、ミッキーたちはメモのデータを復旧させました。しかし、肝心の謎のメッセージについては何も解決していませんでした。そんな中、データ・リクから追加データへとつながる扉を見つけたと連絡を受けます。気になったミッキーは、自身をもう一度データ世界へ送り込んでもらい、記憶がリセットされたデータ・ソラと共に再びそのデータ世界を旅することにしました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113061107j:image

ソラがやってきたのは忘却の城。失うかわりに手に入る、かつてソラが記憶の鎖をバラバラにされてしまい、1年の眠りにつくきっかけとなった場所です。そこではデータ・リクとは違う黒コートの少年が城を進むごとに現れます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113062433j:image

過去に出会ったことがある人に城の中で話していきますが、部屋を出てしまうとそれも全て忘れてしまいます。黒コートの少年は誰も思い出すことのできない痛みに囚われるソラを闇に引きずり込むという計画を立てていたのです。それを知ったソラは自分がどうすればいいのかわからなくなってしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113062441j:image

そこへ居なくなっていたミッキーがソラに呼び掛けます。ミッキーの言葉で自分を奮い立たせることができたソラは、最後の1枚のカードを使って部屋を進みます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190112183347j:image

ソラは大切な誰かを忘れてしまった痛みを捨ててしまったら、その大切ことを思い出す手がかりも無くしてしまう、たとえ闇に堕ちたとしても無くした記憶を取り戻せたらきっと痛みは癒される、自身の痛みが無くした記憶を繋ぎとめてくれる絆だと持論を展開します。これに黒コートの少年は猛反発。本当の痛みを教えてやると襲いかかってきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190112183417j:image

ソラは応戦しますが、途中で戦うのをやめます。少年と戦うことで痛みを分かり合えた気がする…、痛みが心のつながるきっかけになるのであれば、痛みを受け入れるのも悪いものではないと言います。黒コートの少年はその言葉を聞き、本当の目的を明かします。ソラに痛みを受け入れる覚悟があるのかどうか…それを確かめるのがこのデータの役割だったのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113065139j:image

更に奥に進んだソラを待っていたのは白髪の少女・ナミネでした。ナミネはソラにソラの記憶に関すること、ソラの記憶の奥底にあった別の誰かの記憶が痛みの塊であったことを話します。ナミネはこの痛みの塊によってソラの心が壊れてしまわないよう、まずソラには痛みを受け入れる覚悟を決めてもらったのです。つまり、謎のメッセージを残したのは記憶の鎖を繋いでくれたナミネだったということなのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113065149j:image

誰かの心に触れたソラとミッキーはソラではない別の誰かの心であると認識します。ソラに繋がる人達…彼らの痛みを受け入れることが、この先必要になる…そして彼らの目覚めにも重要になるということでした。彼らを助けられるのはソラだけなのです。ミッキーはこの旅で知り得たことを現実のソラにも必ず伝えるとナミネに約束します。

 

現実に戻ったミッキーはソラたちに手紙を書きます。これがKH2のエンディングでソラたちが見ていた手紙になるのでしょう。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113065759j:image

そしてエピローグです。イェン・シッドの元へ訪れたミッキーは、衝撃の言葉を耳にします。ゼアノートは1人ではないかもしれない……。アンセムとゼムナスが消滅し、ゼアノートが復活する条件を満たした今、決戦のときが来ようとしていたのでした。イェン・シッドはソラとリクをここは呼ぶようにとミッキーに指示します。来たるゼアノートとの戦いに備え、イェン・シッドが行うのは……

 

 

 

f:id:feminist0903:20190113065810j:image

 

 

 

はい!というわけで、ここまでがKH coded編で明らかとなった物語でした。うーん、映像作品でしたので、情報を短くコンパクトに伝えるのが難しいですねぇ。全部大事なことのように思えてしまいます(笑)。

 

まとめると、結果的に謎のメッセージを残したのはナミネ。その目的はソラにつながる人たちの痛みを受け入れてもらい、彼らを助けて欲しかったということでした。そしてそのことをよそに、ゼアノートが再び動き出そうとしているのです。この後のマスター承認試験が一体どうなるのか?というのが、次回プレイしていくKHDDD(ドリームドロップディスタンス)編となるのです。

 

 

このDDD編もなかなかにヘビーな内容ですので、まとめるのが大変ですが、皆さま動画などを見てしっかりとついてきてくださいまし(笑)。今回はここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

【ライブ】KHcoded - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

謹賀新年2019

 

新年明けましておめでとうございます

 

 

f:id:feminist0903:20190101095138p:image

ルシオンです。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190101095157p:image

私自身は今年が学生最後の年、つまり就活に一生懸命にならなければならない年になってしまいます。いやぁ…なんか新年早々こういうことを言うのもどうかと思いますが、今年は楽しい1年…とはならなそうです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190101095216p:image

昨年の今頃はもっとブログをやると意気込んでいましたが、結局更新頻度としては過去最低かってくらい全然書きませんでした。うん……なんかこれが僕の一番やりやすいペースなんでしょうね(笑)。

 

 

それでは、昨年やったゲームとか振り返りましょう。

 

一番やったのは間違いなくSplatoon2ですね。キャプボを買って生放送を始めたのは今年ですし、ウデマエXにエリアだけですが到達しました。さらに年末にはぴょんさんという方主催の大会・RC杯に出場させていただいたりしました。いろいろと繋がりというものは増えたんじゃないでしょうか。

 

 

夏からは2019年1月に発売される『キングダムハーツ』に先駆けて、シリーズ全作品をプレイしていくという生放送をやっていました。発売まで1ヶ月切ったというのにまだ全然終わってないんですけども。

 

今月はもっと放送回数重ねないとですね。現在はKHcoded編まで、つまり1.5+2.5のソフトに収録されている作品は一通り昨年までにやりきりました。現在はドリームドロップディスタンスをプレイしております。気になった方は覗いてみてくれると嬉しいです。

 

あとはスマブラパズドラスクフェス、バンドリなんかをしこしことやっていました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190101055347p:image

パズドラは先日総ログイン日数が2400日を超えました。まるっと6年やってることにやります。

バカですねぇ…(笑)。

キャリアは長いのにその割にはランクが低いというのもよくわからないですね。久々にボックス紹介の記事を書いてもいいかもしれません。…前の紹介とかいつでしたっけ?そこからはだいぶキャラ数も増えてますからね、賑やかです。

 

 

 

さて、2019年の注目として、まずはKH3が待ってます。あとはモンハンワールドの新コンテンツであったり、ラブライブ!のオールスターズのアプリ、…あ、ポケモンの完全新作の方ももしかしたら出るかもしれません。

 

まぁでもまずはKH3ですよね。あとはドラクエビルダーズ2も実はやりたいです。1を既にプラチナトロフィーまでクリアしてますからね、気になるのです。だからもしかしたらプレイするかもと思って、ビルダーズの他の方の動画はあまり見ないようにしてます。KHシリーズ完結したらやってみてもいいかな…?

 

 

昨年はキャプボを購入したことにより、Switchのゲームをyoutubeで配信できるようになったのは個人的にはすごく大きな変化でした。2019年は更に他のゲームをやってみたりだとか、スマホゲーのキャプチャーのためにHDMI変換ケーブルを購入して、スマホゲーの動画を撮ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

f:id:feminist0903:20190101095246p:image

いや、卒業研究とかで忙しくなるっつってんのに私は何ほざいているんでしょうね?(笑)

 

 

2018年は夏に一人旅をしたというのも初めてのことで楽しかったです。高知へうどんを食べにいくという旅だったわけなんですが、こういうこともっとやりたいですね。九州とか東北とかには行ったことがないので、そこらへんで美味しいものを食べにいく旅をまたしに行けたら良いなぁと考えております。2019年にやるかどうかはわかりませんが。

 

 

 

2019年は個人的に社会人になる一歩手前ということで、勝負の年になるかと思います。しかし、ブログやゲームについては今までどおり続けていきたいと思っています。これからもマイペースに頑張っていこうと思いますので、どうか今年もエルシオンをよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

f:id:feminist0903:20190101053153p:image

あ、ちなみにですけど、ここ最近でツイッターyoutube、さらにはこのはてなブログのプロフィールアイコンをこのイカちゃんに変えてみました。可愛いでしょ?僕がいつも使っているギアをイメージして作ってみました。

 

新年になって気分も一新!…ということで、まずは今までのMiiのアイコンから可愛いイカちゃんアイコンにして活動していきます。どうぞヨロシク。

 

 

↑ここでアイコン作りました

 

今回はここまで!

 

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KHBbS編- #5

 

3人のキーブレード使い

 

どうも、エルシオンです。

 

 

f:id:feminist0903:20181227092602p:image

今回プレイしたのは『KH Birth by Sleep』です!これまでのKHシリーズでは主人公がソラ(ロクサス)でしたが、今作は初の3人主人公となってます。テラヴェントゥスアクアという3人のキーブレード使いが登場し、KH2で名前が初めて出てきたゼアノートとキーブレードにまつわる戦いを繰り広げることになります。キーブレードとはそもそも何なのか?そしてゼアノートの目的とは一体何なのか…?これらの謎が今作で明かされます。

 

 

このゲームは、3人がそれぞれの視点から、ゼアノートとの戦いが同時進行で進んでいきます。なので、誰の話なのかは段落前に(名前)をつけて、誰のアクションなのかを明記していきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231093647j:image

(全員)星が綺麗なある夜、テラ、ヴェントゥス、アクアは一緒に星を眺めていました。キーブレードを扱う3人で、そのうちテラとアクアは翌日にキーブレードマスター承認試験が控えていました。アクアは3人が離れていても、絆は繋がっているという想いを込めたお守りを3人お揃いで渡しました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231093656j:image

(全員)キーブレードマスター承認試験当日。マスター・エラクゥスとマスター・ゼアノートの前でそれぞれのキーブレードの実力を振るうことになりますが、マスターに承認されたのはアクアのみでした。テラは心の闇が払いきれてないとの判断でした。テラはショックのあまり、1人にしてくれとその場を離れてしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231093704j:image

(ヴェントゥス(以下ヴェン))部屋に戻ったヴェンの前に、突然謎の仮面の少年が現れます。少年は『テラを追いかけろ。テラがテラで無くなるところを自分の目で確かめろ』と意味深な言葉を残して消えてしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094215j:image

(テラ)一方テラはゼアノートから闇の力を恐れるなと説かれていました。心の闇は消すのではなく、力で制御するものだと…。そしてテラはそんなゼアノートの考えにだんだんと傾倒していってしまいます。そんなときに、旅立ちの城に鐘が鳴り響きます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094207j:image

(テラ・アクア)キーブレードマスターとしての心得を説いてもらっていたアクアとテラがエラクゥスの元に集まりました。2人は世界中でアンヴァースと呼ばれる魔物が襲来していること、そしてゼアノートが行方不明になってしまったことを知り、その原因を探るべく、異空の回廊を通って世界を旅することになりました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181227053121j:image

(アクア)…しかし、テラが旅立った後、マスターとなったアクアには別の任務が言い渡されたのです。『テラの監視』…。テラが闇に堕ちそうになったら連れ戻すように言われます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094157j:image

(全員)テラが旅立とうとしたそのとき、ヴェンが仮面の少年の言葉が気になって追いかけてきました。しかし、ヴェンが言葉の意味を聞く前にテラは旅立ってしまいます。するとヴェンはなんと、見よう見まねでテラの後を追いかけてしまうのです。あからさまに焦るエラクゥスはアクアにヴェンを連れ戻すようにと言い渡したのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181226174325j:image

(テラ)そんなことを知らないテラはゼアノート捜索のために様々な世界を回っていきます。そのうち、ゼアノートが闇について関心があることを知るのでした。荒野でついにゼアノートを発見したテラは、ゼアノートから自らの過ちでヴェントゥスの心から純粋な闇だけを取り出して生み出してしまった仮面の少年・ヴァニタスを倒してくれと依頼するのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094429j:image

(アクア)アクアはテラとシンデレラの世界で再会をします。どうも闇に堕ちている様子は見られません…。しかし、他のワールドをめぐるにつれて、テラと思しき人物の良くない噂を耳にするようになります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181226174807j:image

(ヴェン)ヴェンはテラの行方を追っていました。ヴェンもまた、ワールドをめぐるごとにテラの良くない噂を耳にしますが、テラはそんなことをするはずがないと信じ続けます。荒野で仮面の少年・ヴァニタスと再び出会い、助けに入ったミッキーとそれを撃退します。そして一同はレイディアントガーデンで再会することになります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094750j:image

(全員)レイディアントガーデンに現れたアンヴァースを追っていったことにより、ついに3人が再会を果たします。喜んだのもつかの間、アクアの『テラが闇に近づきすぎているのではないか?』という言葉で、再び離れ離れになってしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181227053036j:image

(テラ)ヴェンとアクアと別れた後、テラはブライグという男にゼアノートを預かったと脅されます。助けに入ったテラはブライグを撃退し、ゼアノートを救出します。しかし、闇の力を使ってしまったテラは闇に堕ちてしまったと落ち込んでしまいます。そんなテラを弟子に迎えるというゼアノートは、強すぎる闇であるヴァニタスを討てと命じるのです。…ですが、ゼアノートの思惑は順調に進んでしまっているのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231094740j:image

(アクア)テラとヴェンと別れてしまったアクアは広場で仮面の少年・ヴァニタスと出会います。辛くも撃退したアクアでしたが、ヴァニタスは『お前は予備だ』と意味深な言葉を残して消えてしまいます。ヴァニタスの脅威からテラとヴェンを守らなければならない……そう悟ったアクアはヴェンに故郷へ帰るようにと説得し、レイディアントガーデンを後にするのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181227092626j:image

(ヴェン)テラ、そしてアクアに帰るようにと言われてしまったヴェンはすっかり意気消沈してしまいます。そこに現れたのはリアとアイザという少年2人でした。リアと組み手を交わし、友達のかけがえなさを思い出したヴェンは再び友を探す旅に出ました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231095029j:image

(ヴェン)世界をめぐるうちに、ミッキーが持っていた光のカケラを見つけたヴェンは、不思議な塔に飛ばされます。そこでイェン・シッドに出会ったヴェンは、ミッキーの居場所を見つけだす手がかりを得ました。急いで荒野に向かうと、そこにはゼアノートの姿が…。ヴェンは自身が究極の鍵・χブレードを作り出すトリガーになっていると知ります。真実を知るためにヴェンはエラクゥスの元へと飛ばされてしまいます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231095238j:image

(テラ・ヴェン)エラクゥスの元へとやってきたヴェンは自身が何者なのか、χブレードとはなんなのかを問いただします。しかし、マスターは答えずにヴェンを消そうと攻撃を仕掛けてきます。ゼアノートから情報を得て、間一髪で割って入ったテラはエラクゥスと衝突します。異空の回廊へヴェンを逃したテラはエラクゥスと戦います。お互いが瀕死状態になったとき、エラクゥスはゼアノートにトドメを刺されてしまうのでした。ついに本性を現したゼアノートは、テラを完全に闇に堕とすためにキーブレード墓場へと誘うのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231095806j:image

(アクア)ゼアノートに倒され、異空の回廊を彷徨っていたミッキーを見つけたアクアはイェン・シッドの元へと送り届けます。イェン・シッドは星の報せでエラクゥスが討たれたということを察知しており、アクアにもそのことを告げます。真偽を確かめるために、テラのことを追ってキーブレード墓場へと向かいます。ヴェンもまたヴァニタスによる挑発により、キーブレード墓場へ向かうように言われます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181227062235j:image

(全員)キーブレード墓場に集まったテラ、ヴェン、アクアの3人。ヴェンはχブレードのトリガーとなる自分を消してくれと2人に頼みます。そんなことはさせない、2人がそう約束したとき、ゼアノートとヴァニタスが現れます。いよいよ決戦の時、テラは全ての元凶であるゼアノートと、そしてヴェンは覚悟を決めてヴァニタスに立ち向かいます。

 

 


f:id:feminist0903:20181226054006j:image

(ヴェン)ヴァニタスと激闘を繰り広げるヴェントゥスでしたが、強い光と強い闇の衝突により、2人は融合を果たしてしまいます。つまり、χブレードの完成を意味しているのです。しかし、その融合は不完全でした。χブレードが完成しきっていないとわかったヴェンはそれを破壊しようとヴァニタスを倒します。しかしそれは、ヴェンの心も破壊されてしまうということでもあったのです。

 

 


f:id:feminist0903:20181227062913j:image

(テラ)一方テラは、完成しようとしているχブレードを尻目にしてゼアノートと戦っていました。ゼアノートは老いた自身の体から心を解放して、新しい器としてテラを選んでいたのです。テラの体を乗っ取ることで、キーブレード戦争のその先にあるものを確かめるのが、ゼアノートの目的なのでした。しかし、テラも諦めていませんでした。思念がテラの着ていた鎧に宿り、テラの体を乗っ取ったゼアノートを撃退します。

 

 


f:id:feminist0903:20181226054013j:image

(全員)激闘の末にχブレードが破壊されたことで、3人とゼアノートは強い光に飲まれてしまいます。

 

 


f:id:feminist0903:20181226054029j:image

(アクア)唯一無事であったのがアクアでした。ヴェンは体は保護したものの、心が失われており目を覚まさない状態に、テラに至っては体までも行方不明となってしまっていました。アクアは友が自分たちの絆をたどって帰ってくると信じ、故郷をキーブレードによって閉じ、ヴェントゥスの体を保護するのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231095726j:image

(アクア)レイディアントガーデンに強い闇を感じ、そこを訪れると、そこにはテラ……ではなく、体を乗っ取ったゼアノートが立っていました。しかし、なにやら記憶が曖昧なようで…?テラを返せと激昂するアクアによりゼアノートは敗れます。テラの体にはまだ、テラ自身の意思が残っていたのです!ゼアノートはそれを追い出そうと自身にキーブレードを突き刺し、闇の中へと沈んでいってしまいます。アクアは咄嗟にテラを助けようと闇に飛び込みます。テラを地上へ返すことと引き換えに、アクアは闇の世界へと堕ちていってしまうのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181231095739j:image

(テラ?)アクアによって闇から戻ったテラの体は賢者アンセムたちによって保護されました。こうしてゼアノートはまんまと、アンセムの弟子として闇の研究に没頭していくことになるのでした…。

 

 

 

ここまでがバースバイスリープのお話でした。

 

実はこの先にシークレットムービーという、闇の世界で彷徨うアクアの姿を描いているシーンが入るのですが、これを見るための条件が厳しいため、配信中での視聴は諦めることにしました。まぁそこら辺の内容については、この先でプレイすることになるKH0.2で詳しくわかると思います。

 

 

KH1の頃からだと信じられないくらい新しい用語や人物がいっぱい登場し、いよいよわけがわからなくなってきました。

 

  • ゼアノートは探究心旺盛のため、キーブレード戦争の先にあるものを自分の目で確かめてみたい
  • キーブレード戦争を起こすためにはχブレードが必要
  • テラがゼアノートに体を乗っ取られる
  • アクアは闇の世界へ堕ちてしまう
  • ヴェンは永遠の眠りについた

 

このポイントを押さえておけば、次回作以降もちゃんと話が繋がって面白くなっていきます。次回作は1.5+2.5最後の作品・KH Re:codedです。時間軸はKH2の後、ゼムナスを倒し、世界に平和が戻ったかと思いきや、ジミニーメモに見覚えのない字が書き足されているのです。この謎を解明するために、次回以降は奔走していくことになります。

 

codedについては次回また詳しく書いていきます。今回はここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

【ライブ】KHBbS - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@lxiongm0903) | Twitter

 

KH3までに復習しよう -KH2編- #4

 

存在しないものたち

 

どうも、エルシオンです。

 

KH3まで発売が2ヶ月を切りました。

 

 

f:id:feminist0903:20181130134640j:image

今回でKH4作品目ということでこれをクリアすれば、やるべき作品数としては折り返しとなります。…あれ?ペースちょっと遅い??もっとやる時間を確保しないと間に合わないか…??……ま、まあとにかく、KH、KH2と、最重要作品はプレイできたので、今回は『KH2』の復習をしていきましょう。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210040210j:image

KH2の最初はソラ…ではなく、ロクサス視点から始まります。前回のKH358/2編で、ロクサスは特別なノーバディとしてXⅢ機関のメンバーとして描かれていましたが、今作ではその面影はなく、ハイネ、ピンツ、オレットと共に夏休みを謳歌する少年となっていました。どうやらXⅢ機関のメンバーであったという記憶はないようです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210040225j:image

…というのも、ロクサスは358/2編のラストでリクと戦った後、リクに連れ去られていたのです。CoM編で記憶修復のために眠ることになったソラを目覚めさせるために、ソラのノーバディであったロクサスが必要だったのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210040238j:image

しかし、ロクサスは元XⅢ機関のメンバーであったうえに貴重なキーブレードを使う存在です。XⅢ機関がそれを指をくわえて見過ごすわけがありません。ロクサスを連れ戻し、キングダムハーツの完成を目指そうとします。そこでDiZ(ディズ)は仮想世界にもう一つのトワイライトタウンを作り、ソラの復活が邪魔されないようにロクサスを隠すことにしたのです。そしてもちろん、ロクサスはこのことを知るはずがありませんでした。身の回りに起こる不審な出来事に不安を寄せつつも、残りの夏休みを過ごしていきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181130163144j:image

しかし、ロクサスの親友であったアクセルや記憶操作の元凶であるナミネの干渉によって、自身の正体を徐々に思いだしてきてしまいます。最後はアクセルと和解しようとしまいますが、アクセルはもう遅いといって襲いかかってきます。アクセルを倒したロクサスは、怒りを抱えたままDiZと邂逅を果たします。DiZはロクサスとソラを対面させ、ついにロクサスをソラへと回帰させることに成功したのでした。

 

 

 

…ここまでが過去作からオープニングの最初のThe 6th Dayまでのお話です。もしかしたらここら辺がKH2で一番複雑なところかもしれませんね。このゲームだけやっても全く話の内容が理解できないため、まずは過去作からやってきた方が繋がりがよくわかると思います。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181130164631j:image
f:id:feminist0903:20181130164639j:image
f:id:feminist0903:20181130164642j:image

さて、ここからようやくソラの出番となります。長い眠りから目覚めたソラはリクと王様を探すという目的のもと、再びドナルド、グーフィーと共にいろんな世界を旅していくことになります。XⅢ機関という新しい敵(ほんとはCoM編で何人かと対峙してますけど、その時の記憶は眠ってるときに消されちゃってますから、ソラは初めて見る敵と思い込んでます)もソラを『裏切り者』と称して襲いかかってきます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210040301j:image

XⅢ機関の目的はキングダムハーツを完成させ、心を手に入れて完全な存在となることです。キーブレード使いのロクサスがいなくなってしまった今、ソラを利用してキングダムハーツを完成させようとしていたのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181130165400j:image

一方その頃、ソラの記憶修復の関係でソラのことを忘れてしまっていたカイリにも動きがありました。機関に背いて単独行動に出始めたアクセルにそそのかされ、ソラを探しに闇の回廊へと足を踏み入れていったのです…。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181205163223j:image

ソラ達はキーブレードが示す道を頼りにリクと王様を探していきます。そしてそのうちに賢者アンセムが使っていたと思われるコンピューターがホロウバスティオンで見つかります。王様と再会を果たしたソラたちはここで、アンセムという人物の真実を知ることになります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210041933j:image

なんとKH1で倒したアンセムは『アンセムと名乗る偽物』だったのです。正体はアンセムと名乗る偽物のハートレスなのでした。……んん〜、複雑ですねぇ。さらに畳み掛けるようにして王様は、XⅢ機関のリーダーがアンセムと名乗る偽物がハートレスになったときに同時に生まれたノーバディであると教えてくれます。

 

………σ( ̄^ ̄)???

 

つまり、本物の賢者アンセムはソラが倒した奴ではなく、別にいるということなのです。ソラ達の本当の敵はアンセムではなく、その偽物のハートレスとノーバディというのが真実なのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181205163259j:image

そうこうしていると、ホロウバスティオンがハートレスの軍団に押し寄せられてしまうというピンチに陥ります。王様はここは任せてリクを探しに行けと促しますが、ソラは留まってホロウバスティオンを守り抜くことを選びます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210041901j:image

そしてハートレスを撃退していくうちに、ついにXⅢ機関のリーダー・ゼムナスが姿を表します。その顔を見た王様は1人の人物の名を思い出します。その名は『ゼアノート』。先程話していたアンセムを騙った偽物はこのゼアノートのハートレス、そしてゼムナスはゼアノートがハートレスになったときに同時に生まれたノーバディであったのです。

 

ゼアノートは本物のアンセムが研究していたハートレスや心について、さらに没頭して研究していたが、この研究は危険だとアンセムに中断させられたというのです。しかし、それでも隠れてコソコソと他のアンセムの弟子と一緒に研究してしまったゼアノートは次第に闇に飲まれていってしまったのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210041917j:image

王様は今もどこかにいるという賢者アンセムを探し回って世界を旅していたのです。しかし、王様は一緒に行動していたはずのリクについては、ソラから聞かれても「知らない」の一点張りで一切語ろうとしません。なにか知っているようなふくみを持たせてはいるようですが……これは終盤に理由がわかります。

 

 

ここまでついてこれてますかね?もうちょっと頑張りましょう…!

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210042216j:image

再びリクを探す旅に戻ったソラは、リクにつながるヒントを求めて世界をめぐり直します。その中で手に入れたヒントがハイネ、ピンツ、オレットともう1人の少年が写った写真……。これはトワイライトタウン…?そして一緒に入っていたアイス一本。これを元に、ソラは再び自分が目覚めたトワイライトタウンの屋敷へと戻ります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210044627j:image

こっちの世界にないものはあっちの世界にある…。つまりカイリはもう一つのトワイライトタウンがある方へと連れ去られてしまった可能性が高いということです。コンピュータを使ってもう一つのトワイライトタウンへとやってきたソラは、そこで闇の回廊を発見します。ここを通れば敵の本拠地へ行くことができる…!アクセルの助けを借り、ついに存在しなかった世界へとたどり着きます。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210044612j:image

城へ乗り込む直前に、ソラは1人のXⅢ機関のメンバーと戦うことになります。しかもその手にはなんとキーブレードが!そう、ロクサスですね。アクセルを倒したことにより、ソラの中に眠るロクサスが目覚めたのでしょうか…?しかし、ソラと戦って倒されることで、ソラに戻って心とは何なのかを一緒に見つけることをアクセルと共に約束をします。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210044538j:image

ロクサスを倒し、ついに城へと乗り込むソラたち。シグバール、ルクソード、サイクスを倒していき、ついにカイリと……そして闇の力を解放した代償としてアンセムの姿になってしまったリクと再会を果たすのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210045740j:image

一方、ミッキーは城で倒れているDiZを見つけます。その正体はなんとなく察しがついてはいましたが、本物の賢者アンセムでした。アンセムは自らの研究を奪った弟子たちへの復讐をするために暗躍をしていたのです。アンセムキングダムハーツをデータ化してしまおうと考えますが、キングダムハーツの力は想像よりも強く、キングダムハーツを吸い取る機械と共に自爆をしてしまうのでした…。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210045755j:image

キングダムハーツを壊されたゼムナスはソラたちに襲いかかります。リクと力を合わせてゼムナスを撃破します。一回は全てが終わったかのように思えましたが、ゼムナスも執念でソラとリクの前に立ちはだかります。闇の世界に残されてしまったソラとリクは、最後の力を振り絞ってゼムナスを消滅させることに成功したのでした。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210050013j:image

闇の世界で仲良く残されてしまった2人は、会話をしていくうちに一筋の光を見つけます。そこへ駆け込んでいくと、なんと無事にデスティニーアイランド……そうみんなが待つ故郷へと帰ってくることができたのでした…。

 

 

ここで感動のエンディングでございます!みなさまお疲れ様でした。なんだか終盤の展開が怒涛すぎて、自分でも何書いているのかよくわからなくなってしまいましたね…(笑)。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181210050041j:image

さてエンディング後には故郷で穏やかに過ごす3人が見受けられますが、そこに王様からの手紙が届きます。その内容とは一体…?

 

…ということで、まだお話は続くような感じを持たせてストーリーが終わりました。この続きの話はRe:coded、そしてDDDへと繋がっていくわけですね。

 

 

鬼のように伏線が張られまくっているわけなんですが、この話ってKH1が出たときからもう全部決まっていたんでしょうか?それとも後付け設定でここまでのストーリーが完成したんですかね?どっちにしてもめちゃくちゃ凄いですよ。

 

 

 

さて、次にプレイするのはソラが主人公ではなく、ソラが冒険を始めるもっと前からの物語です。キーブレードとはなんなのか?そして今回明らかになったゼアノートとは一体どういう人物なのか?これらの謎を紐解いていくことになります…。絶賛プレイ中ですので、暇なときにでも見てくれれば幸いです。今回はここまで!

 

 

☆プレイリストはこちら!

【ライブ】KH2 - YouTube

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@Lxiongamelover) | Twitter

 

スクフェスのアカウントが消えた話

 

運営様の神対応

 

どうも、エルシオンです。

 

ある日、僕はスクフェスのデータを失くしました。

 

 

このブログで詳しく書いたことはなかったのですが、僕は『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』をプレイしていました。この日もアプリを立ち上げ、プレイしようとするとこんな↓画面になるのです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126131143p:image

これは…新規登録画面…??

 

 

データ消えとるやん。

 

なぜこのようなことになってしまったのか…

 

 

 

僕はiPhoneSEをずっと使用しているのですが、ここのところバッテリー持ちがとても悪く、学校へ行く1時間半程度スマホをいじっただけで100%→50%と半分も持っていかれてました。それに最近はポケモンGOもやっているため、画面をつけている方が多く、それも相まってバッテリー消耗を加速させていたのです。

 

さすがにこのバッテリー量では耐えられなくなった僕は、AppleStoreにて修理依頼しました。本来、この修理を依頼する際には事前にデータバックアップを取らなくてはいけません。ですが、僕はこのバックアップを忘れてしまったんです。アホですね

 

 

修理依頼に出す直前で気付いたため、AppleStoreの無料WiFiをお借りして、iCloudでバックアップをなんとか取り急ぎ取ることができました。僕はこれで完全に安心しきってしまったんですよねぇ…。これが悲劇の始まりだったんです。

 

 

 

AppleStoreにて担当の人からiPhoneの修理をするにあたって、こんなことを言われました。

「今回はバッテリー交換ということでの修理依頼なのですが、場合によってはバッテリー交換だけではどうにもならないケースもございます。その際は本体ごと取り替えさせていただくかのご相談をさせていただくこともございますので、ご了承くださいませ ^_^」

 

 

すっごい笑顔で言われました。これってつまり機種変更することがあるってことですよね?僕のデータ…大丈夫だよね…?(フラグ)

 

 

 

2時間半の修理時間を待ち、いよいよ運命の修理品お渡しの儀。店員さんから告げられたのは…

 

「バッテリーどころか中の基盤が死んでたぜ。代わりに新しいiPhoneSEを用意してやったぜ。ありがたく受け取りな ^_^」

 

 

機種変決定。

これで僕の不安は一気にピークに達します。iCloudで一応バックアップを取ったとはいえ、家でバックアップを取ってあるのかどうかとは安心感が違いますし、修理に出す出してから気付きました。「あれ、ゲームの引き継ぎ設定ってやってなくね?」

 

 

パズドラiCloudによるデータバックアップでなんとかなってました。バンドリ!とシャドバはゲームセンター連携でデータ復旧、ポケモンGOGoogleアカウントでサインインすれば良いのでこれも問題なし。…残るはスクフェスだけなんですが……。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126050234p:image

 

はい、無事に死亡しました 0(:3 _ )~

 

昔はiCloudによるデータ引き継ぎできたはずなんですけど、今はスクフェスIDというものができて、iCloudによるデータ引き継ぎのサービスは終わってしまっていたぽいんですよね。

 

 

そういえば、スクフェスID登録しておいてねぇ〜、みたいなお知らせを見たような見てないような……後でやればいっかと放置して、そのまま忘れていたんでしょう。そこそこやっていたアカウントが消えてしまうってこんな気分なんだとわかりました。一気に虚無感に襲われましたね。オールスターズリリースに向けて、前のスクフェスアカウントは諦めて、また一から始めようか…。

 

 

 

 

 

否!!

 

まだ諦めるわけにはいかんのだ!!なんせ実はパズドラに次いで長くやっているソシャゲなのだから!!思い出もそこそこあるのだ(?)!

 

 

実は僕と同じような感じでデータを失くしてしまった人がいるらしく、その人のブログを見てみると、運営に問い合わせてみたところ、引き継ぎコードを発行してもらってデータを復旧してもらえたと書いてありました。これは僕にもワンチャンありますよ…!

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126051603p:image

というわけで早速問い合わせてみました。

  • 現在プレイヤーがどういった状況に置かれているのか
  • そうなってしまった経緯
  • ゲーム内の名前、ランク、IDや所持していたユニットなどのアカウントを特定するための情報

 

これらを事細かに、そして嘘偽りなく書いていきました。

 

運営側の回答は原則データ引き継ぎの対応は行なっていない、ただし本人確認ができた場合はデータ引き継ぎ対応をしてもらえるとのことでした。神対応すぎません??? 

 

参考にしたブログの人によると、スクフェスデータの本人確認で最も重要となるのが、有料アイテムの購入履歴だそうです。これのスクショと、アカウントの名前、ランク、ユニット編成、遊んでいた当時の機種とOS、さらには過去に使ったことのある機種、アプリの初回登録日時なども一緒に書いて送りました。すると……

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126052638j:image

本人確認が取れて、ついに引き継ぎIDと引き継ぎコードが発行されました!!💪( 'ω'💪)ヨッシャァァ

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126053130j:image

これを後は初回登録画面で入力します。果たして僕のデータは戻ってくるのか……!?

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126053250p:image
f:id:feminist0903:20181126053245p:image

かよちぃぃぃぃぃん!!!!!

 

良かった!良かった!もう二度と戻って来ないと思っていたデータが戻ってきました!!!ダメ元で運営に申請してみたのですが、認められてデータ復旧へとこじつけることができました。不正しないで誠実にプレイしていて良かったと、心からそう思いました(笑)。

 

 

 

f:id:feminist0903:20181126053550p:image

そしてスクフェスIDも速攻で作成、しっかりと紐付けを行いました。これでもうスクフェスのデータがある消えてしまうことは無くなりました。

 

 

 

今回の件で、スクフェス運営には本当に助けられました。スクフェス運営は僕にとって命の恩人のようなものです。これから神と崇めさせてください!!!

 

 

…というわけで、スクフェスのデータが一回吹っ飛んだけど、神様のおかげで新しいiPhoneSEにデータが戻ってきたよというお話でした。

 

有料アイテムの課金履歴はiOSの場合だとiTunesに残っていました。過去のログを遡れば、アプリの登録日時なども判明します。もし、同じような件で悩んでいらっしゃる方がいましたら、すぐには諦めずに運営という名の神様に問い合わせみてはいかがでしょうか?

 

今回はここまで!

 

 

☆今回参考にさせていただいたブログはこちら!

スクフェスのアカウント消失?!からアカウント復活させる方法

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@Lxiongamelover) | Twitter

 

【Splatoon2】ひれおくんハザード

 

夢の国からの使者

 

 

f:id:feminist0903:20181114033449j:image

ハハッ☆ 僕はひれおくん☆ 自分で言うのもなんだけど、スメーシーワールドの人気マスコットキャラクターさ☆

 

 

 

f:id:feminist0903:20181114033649j:image

最近新しいamiiboが発売されたらしくて、このブログの主のエル…なんとかって人もタコガールとタコの2つのamiiboを衝動買いしたらしいんだよね☆

 

このうちのタコのamiiboの方に、僕になりきることができるギアが特典として貰えるんだ☆ これは嬉しいね、ハハッ☆

 

 

……おかげさまでほら!

 

 

 

f:id:feminist0903:20181114041141p:image

こ ん な に も 僕 の 仲 間 が 増 え た ん だ よ ☆

 

えっ?ちょっと怖い?

 

 

 

f:id:feminist0903:20181114034848j:image

…やだなー、僕はかわいいマスコットだよ?なーんにも怖くないから☆ ほら、もっとこっちにおいでよ☆

「 僕 と 一 緒 に 遊 ぼ う よ ☆ 」

 

…ああっと、変な画像が出ちゃったね☆ ゴメンゴメン☆ 

 

 

 

僕のギアのメリットは、僕になりきれるという点だけじゃないんだよ☆

 

 

 

f:id:feminist0903:20181114040523p:image

まず、ひれおくんギアは頭から順番にカムバック、ジャンプ時間短縮、復活時間短縮☆ まるでやられたらやられるだけ強くなるみたいな感じだね☆ 復活時間短縮のギアパワーを付けて、ゾンビギアに仕立て上げるのはかなり相性がいいと思うゾ☆ 

 

現にうp主はゾンビギアを作ろうと頑張っているみたいだね☆ なかなか勝ててないみたいだけどね☆

 

 

あ、あと、僕ってよく「ムカつく顔をしている」って言われるんだよね☆ 僕に倒された日には、仕返しをせずにはいられなくなるみたい、ハハッ☆

 

公式の煽り行為になってるってことかな?これで煽りイカをせずとも相手を怒らせることができるね☆

 

 

みんなも僕のギアを手に入れて、ぜひスプラトゥーンで注目を浴びてみてね☆

 

 

 

 

 

 

 

みんな僕のことを変な目で見過ぎじゃない?

 

 

Twitterはこちら!

エルシオン@〈:3 彡 (@Lxiongamelover) | Twitter