読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルシオンのゲームブログ

どうも、エルシオンです。このブログではおもに僕のゲームプレイ日記やゲーム最新情報などをマイペースに書いていきます。

【単発】初めてのゼルダの伝説

ゲーム ゲーム【単発系】

 

ネット上のどこを見ても…

 

「スイッチ届いたー!」

「想像以上にコンパクト!」

「未来感ハンパねぇ」

「ヤ○トさん配送お疲れ様です」

といった喜びの報告や、数多くのYouTuberもこぞって…

『スイッチ届いたから早速開封してみた!』

みたいな動画を死ぬほどあげており、予約しないでいた僕のナーバスな感情といったらもうないですよ、ええ。全員初期不良つかまされればいいのに(おい)。ニンテンドースイッチ、ちょっと見くびってましたね。

 

 

お見苦しいところをお見せしてしまいました、ちょっとナーバスなエルシオンです。今回やるゲームはこちら!

 

 

 

f:id:feminist0903:20170303181031j:image

ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』です。3月3日、同日発売となったニンテンドースイッチWiiU向けに発売されたこのゲーム。ゼルダの伝説シリーズとして初のオープンワールドとなりました。

 

 

 

f:id:feminist0903:20170303181659j:image

特に僕はニンテンドースイッチを予約していなかったため、当日販売分に賭けてゲームショップへと足を運んだのですが、まあ当然のことながら当日販売分はとっくの売り切れ。予想はできていたことですが、これほどまでかという感じですね。でもゼルダはやりたかったのでWiiU版を購入しました。ゼルダはどっちでプレイしてもいいと思ってたので、買えただけでも満足!ってことにしておきましょう。

 

 

 

f:id:feminist0903:20170304005910j:image

スイッチ版とWiiU版の違いといったら遠くの物体の鮮明度ですよね。後継機のスイッチ版の方が綺麗なのは当然ですが、WiiU版でも全然事足ります。絵に描いたような世界なので、WiiUでも非常に美しく見えます。そんな世界をすこーし見ていきましょう。

 

 

 

*ここからの画像は動画のスクショです。私のプレイ画面ではないのであしからず。

 

 

f:id:feminist0903:20170304021456p:image

…あら、物語が始まっていきなりセクシーショットからなんて。女子からすれば歓喜モノ?

 

 

 

f:id:feminist0903:20170304022140p:image

100年前にハイラルの大地を守るために自らの意志で敵と戦っていたというガーディアン達の残骸。…しかし、今動くガーディアンは厄災ガノンに乗っ取られ、凶悪な殺人兵器と化してます。見つけてしまったときの絶望感半端ないです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20170304022152p:image

各地に現れる『シーカータワー』。この塔を登り、周りを見渡すことで周辺の地形がわかるというシステムです。文明とか無縁そうな世界観なのにすっごいハイテクなギャップがやばいです。

 

 

 

f:id:feminist0903:20170304023649p:image

はるか遠くに見えるハイラル城。そこにまとわりつく邪悪な存在は厄災ガノン。今回のリンクの冒険はこいつを倒すのが一番の目的になります。

 

 

 

f:id:feminist0903:20170304023636p:image

各地に点在する祠をめぐり、己を強くしていきます。新たなアイテムを手に入れたり、攻撃手段に新たな可能性を見出したりと、その試練の数は数えきれないほど。もちろんどこから巡っていくのかは自由ですし、そんな祠は必要ねぇ!って言って巡らないのもまた自由なんです。

 

基本的なお話と進め方はそんな感じですね。

 

 

 

さて、いきなりですけどこのオープンワールドゼルダのいいところは…

  • 遠くに見える山々にも行ける
  • どんな断崖絶壁も登れる(登れるとは言ってない)
  • 初期から自由度が高い

 

 

プレイして5時間くらいなのですが、現時点ではこの3点が非常に魅力的に感じてますね。広い世界を移動するのは困難極まりないもの。でもそんな道中に新たな発見を見出すことができるので、冒険に飽きがこないですね。ここらへんは流石だなぁと感心ものです。

 

 

自由度が高いというのはオープンワールドゲームでは当たり前かもしれないと思われますが、僕がプレイしたオープンワールド系のゲームでは他よりも飛び抜けて自由度が高いです(マイクラには流石に勝てませんがw)。

 

FF15オープンワールドでしたが、あのゲームは章ごとに区切られていて、しかも最後の方はオープンワールドでもなんでもないただの一本道。実際は最初の6章くらいまでしかオープンワールドを楽しめませんでした。しかも次はこのダンジョン、この基地に行けと行動もある程度縛られる感じでした。

 

 

しかし、このゼルダは最低限の祠を巡ってさえしまえばいきなり最後のステージに行くことも可能です。まぁさすがに1周目でそんなことをしようとする人はなかなかいないかもしれないですけど、それだけ自由度が高いんですよ。FF15なんかと比較になりません。

 

 

 

ただ、WiiU版だからなのかはよくわからないですが「んー?」と思うところも。冒険の途中で訪れることになる『カカリコ村』に入ったとたん、少しカクついてもっさりしたような感じになってました。オープンワールドなので街も全て地続きとなっています。恐らくロードが少し入っていたんでしょうが、ちょーっと気になりましたね。まあ文句言うほど悪いことでもないですけどね。あれくらいなら我慢できるかな程度のことです。

 

 

まだプレイしてそんなに時間が経ってないので、あまりここがよかった、ここはもっとこうすべきだったというのが難しい状態ではあるのが現状。

 

スイッチ版とどちらを買うべき?って言うのも、僕は『持っているハードに合わせましょう』ということをオススメします。見た感じだと大差ありません。スイッチを買えたのであればスイッチ版を買えばいいし、スイッチ欲しいけど買えなかった、またはスイッチなんて買う気さらさらないという人はWiiU版でも文句なく楽しく遊べると思います。

 

やめどきが見つからなくなってしまう新作ゼルダ我こそはハイラルを救う勇者だという方僕みたいにゼルダやったことなかったという方単純に新作ゼルダに興味あるという方はお好きなバージョンを手にとってみてはいかがでしょうか…。今回はここまで!

 

 

 

ニンテンドースイッチもどっかのタイミングで買わなきゃなぁ…。

 

 

Twitterはこちら!

エルシオン (@Lxiongamelover) | Twitter