読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルシオンのゲームブログ

どうも、エルシオンです。このブログではおもに僕のゲームプレイ日記やゲーム最新情報などをマイペースに書いていきます。

【パズドラ】無課金ユーザー指南書(?) part30



タコ姉さんのステータスは



『氷の機械龍』最終日での一コマ。



牛…じゃなくて、氷砕機龍・アルデバランは機械龍シリーズの中でも最もステータスの高いモンスターと言われている。




牛だからといって侮れんな!



まあ、そんなことはどーでもいいのだが(アルデバラン「!?」)



で、少しでも育ててやろうと超級をまわしまくっていた。最終日で、ドロップ率も2倍なので、比較的よくタマゴを落としてくれた。




アルデバランに一緒に連れて帰ってきたモンスター達を食べさせて、レベル24くらいまでは楽に上がった。しかし、スタミナもあまりなく、あと1回しか挑戦できなくなっている。




「うーん、これじゃ全然育たないな…。仕方ない、今度からはサファドラはアルデバランに与えてやろう」と、考えつつも、最後の1回として超級にずんずんと進んでいった。




そしたらである。





2バトル目、こんなモンスターが僕の目の前に立ち塞がったのである……!


f:id:feminist0903:20130519220746j:plain

んんん!!!???



こここここ、こいつはぁ!!





ま、幻のモンスター、『大洋の悪魔・クラーケン』、もといタコ姉さんやないかーい!!!




そう、いくら出現率が2倍と言えども、遭遇することが滅多にないタコ姉さんが僕の目の前に現れたのである!




うおーー!!ついに現れたか!!

幻のモンスターは実在したんだーー!!



と、大はしゃぎである。




ただ、疑問に思ったことが一つ。


「姉さん、あなたは……果たしてステータスも素晴らしいモンスターでございましたかねぇ……?」



幻獣シリーズのモンスターなんて、僕には無縁だと思っていたので、彼女らのステータスなんてこれっぽっちも知らなかったのである。




で、大洋の悪魔・クラーケンのステータスはレベル1→レベル最大(Level99)で、

  • HP:691→2211
  • 攻撃:543→1629
  • 回復:0→−100

と、さすがは攻撃タイプらしく攻撃に非常に特化していた。


が、リーダースキルはなく、スキルはドロップ強化……。


果たしてドロップ強化のためだけにチームに入ることがあるのかどうかが疑問である。





ま、人それぞれによるが、おそらく僕はイカの姿のままでモンスターBOXの片隅でいつくるか分からない出番にむけて待機となることだろう……。





なんか……ゴメン、姉さん…。